■プロフィール

FCあき

Author:FCあき
岡山県在住の「あき」です。

県内、県外問わずに廃を求めてプラプラしてます。

マイペースに更新していくので、よろしくお願いします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金岬砲台(後編)
それでは金岬砲台(後編)、砲座部に進みます=3=3=3

もうかなり日も傾きはじめどんどん暗くなっていきます。

砲座部も状態は良好だったんですが、なんせここも藪?木々?がものすごい(>_<)

だから余計に暗くなってしまいます。

急がなければ日が暮れてしまうので、ここからはペースアップで進みました=3



続きを読む >>
スポンサーサイト
その他 | 17:18:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
金岬砲台(前編)
「軍道は続く~よ~、ど~こ~ま~で~も~♪♪♪」



第三火薬廠跡に続いて舞鶴の砲台跡のご紹介です。


日清戦争後の日本は、対ロシアの要として舞鶴の地に軍事要塞を建設しました。

「金岬砲台」はそんな「舞鶴要塞」の一つです。


午前中にゆっくりと第三火薬廠を探索してしまったので、金岬砲台へ続く軍道入口に着いたのは
日没まであと数時間を残すだけ・・・

おまけに少し曇っていたので余計に暗く感じます(>_<)

でも、せっかく来たのだから迷っている暇なんてありません。

金岬砲台へ向けて出発です=3=3=3


金岬砲台へ続く軍道の状況などの写真も撮りたかったんですけど、そんな余裕はありませんでした。

ほとんど人が訪れることがないので軍道は荒れ狂い倒木だらけ。

おまけに日没が迫っている。

前を向いて進むだけで精一杯でした。

しかも、道が崩落した箇所もありヒヤヒヤものです。

そんなこんなで1時間も歩いたでしょうか。やっと門柱が見えてきました。

IMGP8529.jpg









続きを読む >>
その他 | 16:56:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
舞鶴海軍第三火薬廠跡
舞鶴の山中には戦時中海軍がつくった火薬工場・火薬庫の跡がたくさん見られます。


その中でも有名なのは「第三火薬廠」!!!

「ロシア病院」と言ったほうが伝わるでしょうか?

跡地の利用できる所は利用して生まれ変わっていますが、利用されていない所はまだ山の中で
草木に覆われ眠っています。














続きを読む >>
その他 | 15:09:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
鬼の巣食う廃校
四国の山深い森の中にその廃校はある。

IMGP9892.jpg

なんでも、その廃校には鬼が棲みついているとか、いないとか・・・

この目で鬼を確認しに行ってきた=3=3=3








続きを読む >>
他県の廃校 | 00:43:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホテル櫃石
瀬戸内海に浮かぶ小さな島にそのホテルは眠っている。

なんと、その島へは島民以外は車で進入することはできない。

定期便のバスで瀬戸大橋を渡って、やっと島に辿り着ける。

観光バスではなくて定期便バスで、しかも瀬戸大橋を渡って島に辿り着けるという点が、
スペシャル感があってワクワクする(^O^)/


急遽思いたった島行き。何とかバスにも間に合い島に到着=3=3=3

がしかし・・・最終のバスは17:41発。島に到着したのが15:15。

探索できるのは実質2時間・・・(-_-)

あの米ドラマ「24」ならぬ「2」なのだ。ツー!たったのツーなのだ!!!

私たちに与えられた時間はわずか。さっそく建物への進入を試みる。





続きを読む >>
岡山の廃墟 | 17:06:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。